こっちむいて

さよならだけを伝えるつもりがありがとうと言う

n回目の11月も

やあやあ、こんばんは。気づいたら11月だね。絶不調の月、11月。ようこそ、暗黒の11月。

11月っていうのはどうも相性が悪い。11月になると途端に気分が落ち込み、物理的に体調が悪くなる。これは中学生の時も、高校生の時も、大学生になった今も変わらない。11月は最悪だ。

 

5年前の11月。日本が冬になる準備を始めているのに体がついていかなくて、朝布団から起き上がれない、学校に行けない、授業の内容がわからない、学校なんて行きたくない!の無限悪循環だった。さすが中学生っぽい悩みだね。つらかった。でもちょっとは笑えるくらいの悩みになってよかった。

3年前の11月。正しく言えば10月末。父親との問題と学校での問題を抱えた私は家に帰りたくなかった。家に帰っても喧嘩して怒鳴り合いになるだけだし。結果、渋谷でナンパしてきた男の人と初めてセックスした。あの時はもうどうでもよかったんだ。なんでもよかった。逃げる場所が欲しかった。だけどね、ここから地獄のクソビッチ生活がご開帳でした(汚い)

1年前の11月。あれはほぼ12月。受験と好きな人とのことで最強にイライラして、出会い系で知り合った男の人とまたしてもセックスした。3年前の11月から何度も同じようなことを繰り返したけど、全く学ばない女である。知らない人とセックスする背徳感、受験勉強をサボっている後ろめたさ、好きな人のことを裏切っているような罪悪感などで、体もメンタルも、今までの何十倍もボロボロだった。THE・悪循環。

そして今年の11月。これも10月末からだけれども、サークルの同期とセフレ(仮)になった。私は同期のことが好きだった。なんならセフレ(仮)をしている今も好き。明日もお泊り行ってくるね。ほら、見てよ。5年前とちっとも変わらない、11月クズの私が現在もいる。

 

ちなみにその同期だけれど、向こうには遠距離の彼女がいて、私は恋愛対象ではないらしい。そんなの知らねーよって話なんだけどさ。でもね、私は今これで幸せなんだ。好きな人のセフレ(仮)やってて何が楽しいの?って言われるし、後々我に返った時が今から恐怖ではある。それでもやめられないのは、私が今、人生で一番、女の子として扱われ、今まで出会った男の人の中で一番、女の子として扱ってもらっているからです。だって、なすびちゃんは可愛くて足が細くて、優しすぎるくらい優しくていい女だよって褒めてくれるんだもん。なすびちゃんは何も悪くなくて、俺含む前の男たちが全部悪いよって言ってくれるんだもん。自己肯定感を高めてくれるから気持ちいいんだもん。快感を知ってしまったら後には戻れないよ。

「快感」というジャンルで言えば、褒められることもセックスも同じくらいクセになる。どっちも気持ちいいしどっちも楽しい。もちろんこれが良い循環を生むとは1ミリも思ってないよ。だけどね、こうやって生きてる今年の11月は去年よりだいぶメンタルが安定している。ね、ひどいでしょう。

 

 

11月鬱だけど、セックスに対してはやる気がある。

椎茸とセロリ

昨日の夕飯は、椎茸のハンバーグだった。

夜の練習を終えて日付が変わる頃実家に着いた。とてもお腹が空いていたので実家の夕飯の余り物を出してもらった。昨日の椎茸は親戚からお土産で貰ったもので、人生3回目の美味しい椎茸だった。というのも、今年6月頃、とあるお店で椎茸のフライを食べてから、やっと椎茸の魅力に気づいたのである。その椎茸はふっくらしていて味にクセがなくて、ふわっとした優しい椎茸だった。昨日貰った椎茸も、ふっくらしていて味が良かった。これからの椎茸人生に益々期待。

 

昨日はもう一品のおかずがあった。牛肉と筍とセロリの炒め物である。

私は中学生の頃からこれが大好きで、これが食卓に登場するとついご飯を3杯くらい食べていた気がする。それほどに美味しいのだ。使っている食材は3種類、そのうちの1つのセロリがこれまたいい味を出すのである。セロリが嫌い、という人は多いのであろう。確かにちょっと臭みがあるかも。しかし、軽い塩味ベースの炒め物にセロリがめちゃくちゃ合う。セロリのおかげで香りから美味しい。天才。

 

一度美味しいと思った食べ物のことは、すぐには思い出せなくても舌がちゃんと覚えている。逆を言うと、美味しくないと思っていたものでも一度美味しいと感じれば、ずっと美味しく食べられるのである。

だから、あのこともこのことも、美味しい記憶に変えて一生もぐもぐしていきたいな、なんてね。

 

美味しい生活、は、まだまだ続く。

おはよう絶望

書きたいことがたくさんあるので、書きたいうちに連投してしまえと思い、あいふぉんをぽちぽちしている。ちょっと眠い。

 

9月になっていくつかの、精神的に大きな出来事があった。まずは、ずっと好きだった人の連絡先をブロックしたこと。1年くらい片思いしてた。好きだった。でも、いつの間にかその好きは惰性に変わっていた。まあ相手の気持ちもわかってたしね。8月頃から彼のことを思い出すだけで苦しくて、呼吸が浅くなったりしてたので、思い切って友人にブロックしてもらった。自分だけ好き好きしてても、相手にその気が全くなかったらつらいだけだもん。ばかみたいじゃん。そう思ってブロックしたらすっきりしました。さよなら、またいつか。

あとの出来事といえば、ちょっと気になってる人と遊んだこと、メンヘラ仲間と2年ぶりくらいに再会したこと、良き理解者と半年ぶりにご飯に行ったこと、くらい。

今日は、また別の気になってる人に連絡した。気が多い!って思うかもしれないけど、そういう人間なのでそこはほっといてください。ある目標を達成できたら彼に連絡する、というルールを決めていたのだけど、目標達成できたので連絡した。どうせ返事は気まぐれでしか返ってこないんだ。わかってる。返事を待って鬱になる自分の姿も見えてる。まあ、それでもいいよ。ズタズタになるならなってしまえ。もはや、自暴自棄。

 

こんなことは春にもあった。彼からの連絡を1ヶ月待ち続けて、精神ボロボロで情緒不安定。すぐ泣いていた。実は今も情緒不安定である。すぐ泣くし、よく怒る。本当に面倒な人間だと思う。情緒不安定の理由は大抵男のこと。それでも男と関わることをやめられない。

 

今年の秋は、去年よりも少し、自分のことを大事にしたい。そうは思っても絶対に無理だし、どん底まで落ちる気がする。だけど、心持ちとしては自暴自棄にならずに、丁寧に暮らす。そう思えるだけで今年の秋は大きなハナマルをあげることにした。

秋になる

いつもの街、いつもの風の匂いが秋になったことを感じる。夏が終わってしまった。毎年秋になると寂しくて、誰かの温もりを求めてしまう。ああ、人に会いたい。

今年は平成最後の夏、というワードを何百回も聞いた。私は何をしたんだろうか。きっと、何もできていない。

毎日サークルに行って、そんなに遠くもない実家に帰って、親しい友人に会って、それだけで一夏が終わってしまった。それはそれでよかったのだろう。

でもね、好きな人に会ったとか、距離が縮まったとか、究極を言えば彼氏が出来たとか、そんな出来事は起こらなかった。平成最後の夏なのにね。

平成最後だからといって勝手にミラクルが起きるわけではない。平成最後だからこそ、恥を捨てて思い切って行動したら何かミラクルが起きる(かもしれない)ということである。そんなことわかっていたつもりでもわかっていなかったのだろう。動かない人間にチャンスなぞ来ない。

 

9月、平成最後の秋。人肌恋しいから、といって少しだけ大胆になれたら、遅れた夏がやってくるのかも。

全ての平成最後に、乾杯。